NFT

【CNP】イケハヤ氏のPJじゃない?特徴やNFTの買い方を解説

この記事の内容

NFTコレクション【CNP(CryptoNinjaPartners)】とは

 

SNSで「CNP」を目にすることが増えていませんか?

「CNPってどんなNFTだろう?」と疑問に思っている方にむけて、特徴や買い方を解説していきます。

あさひ
あさひ
持っておくと、いいことがあるNFTですよ。

 

【1分でわかる】この記事のまとめ
  • CNPのファウンダーはroad氏
  • CryptoNinjaのパートナージェネラティブ
  • ホルダー特典がアツい
  • 購入にはイーサリアムが必要

 

この記事を書いた人

筆者は実際に、CNPを保有しています。その経験をもとに本記事を執筆しています。

 

CNP(CryptoNinjaPartners)の購入には、イーサリアムが必要です。

CNP(CryptoNinjaPartners)に興味がある方は、無料で口座開設できるビットフライヤーで、イーサリアムを購入しておきましょう。

≫ビットフライヤーで無料で口座開設する

 

CNP(CryptoNinjaPartners)とは?

CNP(CryptoNinjaPartners)は、road氏がファウンダー(創業者)を務める日本発のNFTコレクションです。

まず始めに、多くの方が勘違いしている事実を訂正します

 

CNP(CryptoNinjaPartners)は、インフルエンサー・イケハヤ氏のプロジェクトではなく、road氏のプロジェクトです。

イケハヤ氏は、CNP(CryptoNinjaPartners)のセールスを担当しているのみで、ファウンダー(創業者)はroad氏。

検索上位に上がる記事でさえ、「イケハヤ氏のコレクション」と記載されています。勘違い注意です。

 

CNP(CryptoNinjaPartners)は、CryptoNinjaのキャラから生まれた

CNP(CryptoNinjaPartners)は、イケハヤ氏がファンダ―を務める大人気コレクション「CryptoNinja」に登場する、パートナーをモチーフにしたコレクションです。

CNP(CryptoNinjaPartners)は、販売開始からわずか2時間で完売。

初期mint価格は0.001ETH(当時200円ほど)

最高価格は1枚4ETH、取引ボリュームは約4.8億円と、日本を代表するコレクションとなりました。

22,222体(ニンニン)のジェネレーティブ(ジェネラティブ)NFTのため、本家CryptoNinjaよりも手が届きやすいのも特徴です。

 

CNP(CryptoNinjaPartners)の特徴

CNP(CryptoNinjaPartners)の特徴を語る上で欠かせないのは、以下の3点です。

  • 【1】ホルダー特典がアツい!
  • 【2】キャラクターによって価格が違う
  • 【3】これから伸びるNFTコレクション

順番に、解説していきます。

 

【1】ホルダー特典がアツい!

CNP(CryptoNinjaPartners)は、持ってると良いことがあるNFT

 

ホルダー特典その①:ホルダー限定Discordチャンネルに参加できる

 

ホルダー限定チャンネルに参加すると、CNP(CryptoNinjaPartners)の制作からマーケティング、販売までのすべてのやり取りを見ることができます。

こんな方に、おすすめの特典です。

  • NFTコレクションを作ってみたい
  • NFTのマーケティングを学びたい

国内1のコレクションの始まりから、制作秘話まで読み返せるのは、大きな特典です。

 

ホルダー特典その②:CNP関連のWLをゲットできる

 

WL(ホワイトリスト)とは、優先してNFTを購入できる権利

現状、WLを獲得した人は高確率で利益ができる仕組みになっています。

あさひ
あさひ
CNP関連は、初期mint0.001ETH(約200円)なので、WLを取れたら勝ちが確定します。

 

 

ホルダー特典その③:スマホアプリのリリースが決定

8月頃、スマホアプリのリリースが決定しました。

今後も、CNP(CryptoNinjaPartners)ホルダーには、たくさんの恩恵が得られることが予想されます。

NFTに触れるなら、1枚は持っておきたいコレクションです。

 

CNP(CryptoNinjaPartners)の購入方法

Openseaでの二次流通でのみ購入可能

はじめに、画像で購入手順の全体像をイメージしましょう。

  • 購入するCNP(CryptoNinjaPartners)を探す
  • MetaMask(メタマスク)にイーサリアムを送金する
  • Opensea(オープンシー)でMEGAMIを購入する

 

CNP(CryptoNinjaPartners)は、個体によって価格がバラバラです。

まずは、お気に入りのCNPを見つけ、何イーサリアム用意したらいいのか確認していきましょう。

 

購入したいCNP(CryptoNinjaPartners)を探す

はじめに、Opensea(オープンシー)のCNP(CryptoNinjaPartners)購入ページにアクセスします。

≫CNP(CryptoNinjaPartners)_NFT-Collection

 

「Price low to high」にすると、価格の低い順に並び替えることができます。

 

例えば、こちらのNFTを購入する場合は、

0.45ETH+送金手数料+ガス代

を用意することになります。

あさひ
あさひ
具体的に、何円用意したらいいのかも解説しますね。

 

Opensea(オープンシー)の使い方を、もっと詳しく知りたいかたは、下記の記事をお読みください。

≫【2022年】NFTの買い方・購入サイトや使い方を徹底解説

 

MetaMask(メタマスク)にイーサリアムを送金する

次に、購入に必要なイーサリアム(ETH)を用意していきます。

先ほどのNFT購入を例に進めていくと、必要な金額は

0.45ETH + 送金手数料 + ガス代

送金手数料+ガス代分で、余裕をもって+3,000円ほど用意しておけば十分です。

 

送金手数料は0.005ETH(固定)、ガス代は1$~20$の間を見ておけばよいと思います。

(ガス代は、安いタイミングで購入するとお得です)

 

イーサリアムの購入で損をしたくない方は、ビットフライヤーを選びましょう。

ビットフライヤーの「Lightning取引」を使うと、損せずイーサリアム(ETH)を購入できます。

≫Lightning取引のやりかたはこちら

コインチェックなどの販売所でイーサリアムを購入すると、※スプレッドにより、3~5%引かれます

(※売値と買値に差が出る方式)

 

 

続いて、購入したイーサリアムを、メタマスク(MetaMask)へ送金していきます。

送金手順を簡単にまとめたものが、こちらです。

  • 【1】メタマスク(MetaMask)アドレスをコピーする
  • 【2】ビットフライヤーの入出金から、イーサリアムを選ぶ
  • 【3】メタマスク(MetaMask)のアドレスをペーストし、送金する

 

送金手順を画像付きで確認したい方は、こちらの記事へ。

≫ビットフライヤーからメタマスクにイーサリアムを送金する3つの手順

 

Opensea(オープンシー)でCNP(CryptoNinjaPartners)を購入する

メタマスク(MetaMask)にイーサリアムが着金したら、再度購入ページにアクセスし、CNP(CryptoNinjaPartners)を選びます。

≫CNP(CryptoNinjaPartners)_NFT-Collection

 

購入するMEGAMIをえらび「Buy now」をクリックします。

 

購入画面を進めていくと、メタマスク(MetaMask)中央に「ガス見積もり」が表示されるので確認しましょう。

ガス代は、安いタイミングを狙うのがコツ

ガス代が高いと感じる場合は、時間を置いて、再度同じ手順でガス代を確認してみてください。

(筆者の感覚では、写真のガス代「$1.40」は、激安です。)

 

もし、ガス代が高すぎるときは、メタマスク(MetaMask)下の「拒否」を選べば、キャンセルすることができます。

キャンセルに、費用はかかりません。

 

まとめ

この記事では、CNP(CryptoNinjaPartners)について解説していきました。

CNP(CryptoNinjaPartners)は、国内最大のコミュニティ「忍者DAO発」のコレクションなので、今後も盛り上がりが継続すると予想されます。

 

CNP(CryptoNinjaPartners)の購入には、イーサリアム(ETH)が必要です。ビットフライヤーで解説して、購入用のイーサリアムを購入しておきましょう。

≫ビットフライヤー